システムディ(3804)株主総会に参加してきました。~株主総会編~

出張に合わせて、京都で開催されたシステムディの株主総会に参加してきました。
このために早起き頑張りました!!

当日は提示株主総会と会社説明会の2部構成でした。
今回は株主総会についてご紹介します。
次回記事にて会社説明会について紹介します。

1、概要

開催日時と場所

概要
日時:2020/1/30 10:00~11:00

場所:システムディビル 4階 大会議室

平日ど真ん中の開催でした。
場所は本社ビルで烏丸御池駅からすぐ。
社員の方がたくさん立っており迷わずいけました。

来場人数は50名前後といったところでしょうか。
取引先や役所っぽい人もいましたが、私服の方もかなりの人数いたように感じます。
年齢層は高めでした。若い人はほぼいなかったです。
お土産だけもらって帰る人もいなかったですね。

お土産

株主総会といえば最近はお土産は廃止されているところが多いですが、システムディでは図書カード1000円分もらえました。
交通費に充当できるので、うれしいですね。

その他

本社に金をかける会社はだめだと良く聞きますが、システムディビルは古いのか設備は新しくなかったです。
トイレとか今時小便器につながる配管はむき出しだし、ボタン式でした。

外部の人くる場所くらいもう少しお金かけても。。。ってくらい設備にお金かけてなかったですw

株主総会の内容

発表者は堂山会長でした。

事業報告

増収増益決算ということで、かなり自信あふれる説明でした。
説明の仕方のニュアンスでは「公会計・公教育」の二分野に自信がありそうです。
クラウドという単語も頻繁に出てきており、力を入れていることは明確でした。

補足説明として、2017年度の突出した売上について説明がありました。
この年は日本大学とメガロスへの大型案件があり、特需的に売上が突出しているそうです。
そのため2018年は減収になってしまったとの説明でした。

貸借対照表について

前受収益にのみ補足説明がありました。
この部分はクラウドの前金との説明でしたので、年間契約をしているのでしょうか。
自治体などは予算が一定時期に集中するので、公教育向け等かもしれません。
この項目は毎年チェックする必要がありそうです。

取締役について

今期から取締役に堂山一族が新しくメンバーに入りました。
会長もいい年ですので、後継者なのでしょう。

まとめ

会社説明会が別途設けられていることもあり、特に質問もなくすぐに終わりました。
社員の人も丁寧であり、印象良かったです。
個人向けIRにも積極的な会社なので、株主総会も平日以外だと嬉しいですね。
次回記事の会社説明会では質疑応答もあり、そっちのが需要ありますかね?
記事更新お待ちいただけると嬉しいです。

※更新しました。

おすすめの投資本です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)