【株主総会】ユーザベース3966の株主総会に参加してきました【パネルディスカッション編】

ユーザベースの株主総会後に、パネルディスカッションが行われました。
各事業のコンセプトや取り組みについて説明が行われた後、質疑応答がありました。そして、このやり方が独特!詳しくは後半で
まだ、NewsPicksでも記事化されてません。どこよりも早く!(別に早くないけど、、
株主総会については、下記記事参照。

【株主総会】ユーザベース3966の株主総会に参加してきました【株主総会編】

2019年3月30日

各事業について

基本的には、IR資料を読んでいれば知っている内容が多かったように思います。ただし、実際に事業を行っている方から、その事業にかける思いや戦略について直接お話を聞けたという点では、非常に有意義でした。
そうはいっても、ここで初めて出てくるトピックもありましたのでご紹介します。

新しいトピック:SPEEDA中国版リリース

株主総会開催時点ではまだ、IR出てませんでしたが、教えてくれました。笑
中国はここ何年かですごい注目を集めている。そこに拠点を作ることで国内だけではなく、世界に向けて提供できるサービスを作っていきたいと考えているとのことでした。

取り上げる質問は、チャットからイイネが多い順!!!

ユーザベースらしい、パネルディスカッションを考えてきましたということで、プロジェクターにURLとパスワードが投影され、「sli.do」という匿名で質問をできるチャットルームのようなところへ招待されました。
なんと、質疑は「sli.do」に匿名で書き込み、参加者がより興味の持った質問(イイネが多い順)に答えていく、というもの。

本屋さん
新しすぎる!!総会っぽくない。ベンチャーっぽいw笑

1.幻冬舎とのトラブルについての真相は?

ダントツの注目度でした。笑
そして、素直に回答していただけました。
週刊文春に書いてあることが事実とのことです。詳しくない人は読んでみてください。
いろいろ内幕を話していただけましたが、文章にはしづらいのです。でも、着地点は見つけたようです。
正式発表は4月とのことですので、IRを待ちましょう。

2.アメリカのテック企業の決算説明会レポートを日本語でリポートして欲しい。

これは、Quartzと連携してすでに企画が進んでいるそうです。
今週はAppleの記事がありましたし、楽しみですね。

3.リスク管理(負債や人材採用)について

これについては、IR資料以上の情報はありませんでしたので割愛。

4.Quartzアメリカ事業のKPIは?

NewsPicksと同じで有料会員が重要になってくる。その基盤として無料会員を幅広く獲得していきたい。1月からどのような施策をしていったらいいのか見極めている。

5.編集者や記者を獲得するのにどのような施策をしているか?

様々なメディアを見て、良い人を常に探しながら、接触を図っている。育成に関しては、徒弟制のような形で取り組んでいる。

6.SPEEDAの優位性は?

ビジネスでユーザーが欲しいと思う情報にワンストップで提供できること。そして、常に試行錯誤を繰り返しながらアップデートできることです。

7.「経済情報で世界を変える」の経済情報の定義は?SPEEDAに知財に関する情報がないのはなぜか?

ビジネスパーソンが様々な場所で大小に関わらず意思決定をするときに、必要な情報であると考えている。
知財については、今まで優先してこなかったのは事実。これから拡充していきたいと考えている。

9.中国の検閲はどうですか?

正直、やってみないとわからない。中国にとって安全であると周知をしていきたいし、現地の人を採用していきたいとは思っている。

本屋さん
難しい言葉が出てきたので、理解はできませんでした。けど、いろいろ対策は考えられているようです。

10.NewsPicksのコメントにコメントをできるようにしたらどうか?

顔が見えない人同士だと、言い合いに発展することもあり、ポジティブな議論にならないこともあるので、慎重に行きたいと考えている。
まずは、クローズドなコミュニティ(アカデミア?)や読者参加型の場を別に用意して試して行きたいと考えている。

11.5年度、10年後に時価総額はどれくらいをイメージしているか?

時価総額は意識していない。売上や利益などの結果を追い求めていく。株価はあくまで、その結果でしかないと考えている。
将来的には、ビジネスパーソンの意思決定を支える土台となるサービスに成長させたいと考えている。日本でいえば、日本経済新聞と同じランクになっていたい。

11.Apple Newsはどう考えるか?

日本で言うyahooニュースと類似なサービスと考えている。実はAppleNewsはアメリカでは昔からあるが、大きなシェアを獲得できていない。参加しているメディアも多くないし、AppleNewsが自身でニュースを選定しているわけではないので、参加したメディアが記事を配信するとそのまま通知を出しているので、NewsPicksの提供する価値と同じとは考えていない。
月額料金が10ドルで一人が払えるお金に限度がある中で、広義では競合ととらえている。

本屋さん
楽天マガジンとかdマガジンとかと一緒と思っておけばいいのかな?そう考えると、似て非なるサービスですね。

12.NewsPicksを有料会員以外にも楽しんでもらえるように、1記事100円とかで提供してみては?

1記事100円にすると、最悪1記事だけキャッチなタイトルで売ればいいと考えてしまう。それでは、ユーザーに嘘をついていることになる。
売ったら終わりではない、①売上、②ユーザーのハッピー、③ユーザーにとってリアルな価値これを全て追い求めていけるのは、定額ビジネス(SaaS)しかないと考えている。

本屋さん
佐久間さんより、SaaSについての熱い思いについて説明がありました。ここで話していた内容は、佐久間さんのNoteに書いてあるのでそれを読んでおけばいいかなと思います。

SaaSは人生のウソをなくす。私がSaaSを好きな4つの理由|note(ノート) 

 

感想

少し、パネルディスカッションの時間が物足りなかったかなとは、思いましたがNGな質問もなく、真摯に答えていただけました。
質問を書き込みながらメモを取っていたので、全ての回答を網羅出来てない可能氏もありますが、だいたいは書けたのではないでしょうか?(質問はスクショがあるので、漏れはなかったと信じたい)

他にも聞いてみたいと思う質問もありましたので、記事化された時には、そこに対してお答えいただけるのではないかと密かに期待していますww

答えを聞いてみたい質問
①課金メディアとして先行しているニューヨークタイムズはメルマガを複数発行している。Quartzもメルマガに注力してみては?
②SPEEDAは、個人で使える値段ではない。個人投資家向けにサービスを提供することは考えていますか?
③NewsPicksの学割会員から正規会員への移行率ならびに継続率について 

ポジトークになってしまうので、それぞれの質問に対し、私の考えはあまり書きませんが、全体的に今後も応援していきたい、来年も参加したいと思える株主総会、パネルディスカッションでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)