食品業界ってどんなとこ? 中の人が書いてみた。

就職の人気業界、食品業界。

人気の理由は、みんなが知っているから、安定した業界だから、志望動機が簡単に思いつくから等あると思います。

ただどうしても一般人の視点からだけだと、見えない部分が出てきてしまいます。
そこで食品業界で働く私からみた世界を少しお伝え出来たらと思います。

良くも悪くも違った視点を提供できたらうれしいです。

狭義の食品業界

狭い視点でみた食品業界に所属する会社は、業種が食品製造業と言われる会社です。
カルビー
明治
日本水産
日清食品

といった誰もが思いつく会社達です。
この辺は最終食品を製造していて、消費者の目に触れやすい会社達です。

ただ世の中には上場していない会社も多く、地方には地方の雄というような会社もあります。
また食品業界特有ですが、家族経営の会社も多く他の産業に比べて寡占化が進んでいないため多くの中小企業が日本には存在しています。

広義の食品業界

もう少し広い視野で食品にかかわる会社を見ていきたいと思います。

小売店

スーパーやコンビニといった小売店が該当します。

問屋もしくは商社

食品専門の問屋や商社は数多く存在します。
またこの業種は大きいところから小さいところまで非常に数が多いです。
メーカーと小売店、メーカーとメーカーの間に存在して、マージンといわれる手数料が利益の源泉です。
みなさん手数料をとって横流しするだけで、いらないのではと思いますか?
確かに手数料だけをとって何をしているのかわからない会社もありますが、一定の役割を持っています。
大きくは”物流””債権保全””情報のコーディネート”が主たる役割になります。

代表的な会社としては
三菱食品
日本アクセス
伊藤忠食糧
といった総合商社の系列会社が有名ですね。
マルハニチロなどの水産物を輸入する会社も該当します。

機械メーカー

加工食品は様々な機械が使用されます。
人の動きを再現するのは非常に難しく、とても高い技術力が必要になります。
そのため食品専門の機械メーカーばかりです。

有名なところでは
レオン自動機
でしょうか
レオロジーという包み込む技術に特化した会社です。
この機械がないと今スーパーで売っている様々なものが作れません。
大福、あんぱん、チーズインハンバーグ、中華まんといったものはレオン自動機の機械を使用して作られます。

包材メーカー

海外旅行行くと、気づくと思いますが日本の包装容器ってかなり特徴があります。
・醤油の新鮮ボトル
・コンビニで売っている中蓋のある容器
・スタンドパウチ

世界に誇れる技術力のある会社ばかりです。
代表的なのは
エフピコ
竹本容器
といった会社です。

化学メーカー

意外と思いますか?
ただこれらの会社達がいないと成り立ちません。

廃油処理や、洗浄、アルコールなど安全安心の食品を作るためにはなくてはならない会社です。

原料メーカー

加工食品を製造するためには、様々な原材料が必要です。
裏面表示をみると、エキス、ph調整剤、酵素、乳化剤、加工でんぷん、などさまざまな文字が並びます。
それらを作る原料メーカーは必要な存在です。
仙波糖化などが上場企業ではあります。

システム会社

食品は直接健康に与える影響が多いため、様々な法律があります。
またひとつの食品を作るためにも数十種類の原料を使用するため、ひとつの会社で数千種類の原料管理が必要なことはざらです。

そのため多くのシステムが導入されています。
上場会社では
インフォマート
eBASE
といいた会社が有名です。

食品業界のメリット

非常に多くの業種が存在する食品業界のメリットとはなんでしょうか

安定した業績

生活の三大要素で衣食住といわれるように食はとても重要な要素です。
そのため業界全体でみれば、仕事がなくなるということはないでしょう。
そのため業界全体では非常に安定した業界です。

世界をみれば人口は増え続けるので、海外進出しているところはゆるやかな成長が見込まれるでしょう。

知名度

また知名度が抜群のため、友人に自慢できる、銀行からお金を借りやすいなどメリットもあります。

充実した福利厚生

家族手当など福利厚生が手厚いのが特徴です。
工場などは地方に多くあるため、転勤が多いです。
そのため特に転勤者には借り上げ住宅などが手厚くなります。

食品業界のデメリット

食中毒による倒産

一番大きなデメリットは事故によって一瞬で会社が倒産するということです。
みなさん雪印乳業をご存知ですか?
2000年ごろは日本で一番大きい食品会社でした。
当時売上が一兆円を超える唯一の食品企業で、乳製品以外にも冷凍食品、育児品、アイス、医薬品を手掛ける総合食品メーカーでした。

しかし二度にわたる不祥事(食中毒や牛肉偽装)により、倒産直前までいき各事業の分割が行われ今となっては雪印メグミルクになり残っていません。

給料が低い

その他にも他の業種に比べると企業規模が小さく、また日本は安全への基準が高くそのコストがかさみ、世界に比べて利益水準が低いことがあります。
そのため業界全体でみれば年収が低いということです。

転勤が多い

営業は日本全国のスーパーへ営業をかける必要があります。
また規模の大きい会社では工場が日本各地にあるため、転勤も多くなります。
ほかの業種と違い、商品単価が低い、賞味期限がある、といった理由で消費地に近いところに工場が点在しがちのためです。
そのため数年で全国各地を転勤する会社が多いです。

まとめ

食中毒による倒産は少し極端に書きましたが、今では衛生管理もよくなり不祥事も起きにくくはなっています。
ただし年収のところは事実であり、消費者は値上げに敏感で劇的な改善は見込まれないでしょう。

食品業界だからという理由だけで就職先を決めてしまうのは、給料面で苦労する可能性もあるため要注意です。
ただその中でも高給取りの会社はあるので、入る会社は選ばないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)