[決算フォロー]成長鈍化した?オロの2019年1Q決算について調べてみた。

遅ればせながら㈱オロの決算について調べてみました。

オロの企業分析記事は下記です。

要約
・成長鈍化して見えるが、注目のクラウドソリューション事業は順調
・一般管理費の増大を上回る利益を稼げるか今後注目
・デジタルトランスフォーメーション事業はやはりかなりブレる事業

決算概要

決算サマリー

出展:2019年12月期 第一四半期決算説明資料

売上高:1,148(前年比:+4.9%)
営業利益:269(前年比:-27.5%)
純利益:181(前年比:-20.2%)
※単位:百万円

増収減益という決算結果でした。
前期にデジタルトランスフォーメーション事業で高収益案件があったが、今期なかったのが大きな原因ですね。
やはりこの事業はブレが大きい。

通期予想

売上:5.115(前期比:+14.6%)
営業利益:1.308(前期:+11.4%)
純利益:907(前期比:+8.8%)

昨年までの大きな伸びはなさそうな予想です。
おそらくデジタルトランスフォーメーション事業での大型案件がなく利益押し下げる予想なのでしょう。

注目点

個別の注目点について記載します。

販管費及び一般管理費の増大

出展:2019年12月期 第一四半期決算説明資料

図の通り、販管費が増大しています。
特に企業規模が大きくなった影響でしょうか?
営業・管理系人員の増大費用が大きい模様です。

クラウドソリューションの利益率低下

上の販管費及び一般管理費の増大の影響で、注目しているクラウドソリューション事業も減益となっています。
地味に原価にかかわる、外注費とエンジニア人件費の増大も影響してそうです。
これが一過性なのか、今後注目です。

アカウント数は順調

出展:2019年12月期 第一四半期決算説明資料

アカウント数は伸びが落ち着きましたが、順調に増えています。
どこか大きな企業で採用されないか期待したいです。

なんか訴えられてる(笑)

出展:四半期報告書 第22期第一四半期

有価証券報告書に記載あったのですが、どうやた元従業員に訴えられているようです。
その関係があるのか不明ですが、人件費は前述の通り増えています。
今後の採用活動にも影響するので、うまく和解なり解決してほしいところです。

まとめ

成長鈍化と評価されて直近の株価は軟調です。
人件費の増大をカバーするほど利益稼げていないのが要因と思われますが、これが一過性なのか要注目です。
個人的にはクラウドソリューション事業の伸びが続くのであれば保有継続です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)