企業型確定拠出年金、運用商品はどうしてる?みんなの利回りはどんな感じ?

みなさん確定拠出年金って知ってますか(やってますか)?
私の場合は、勤務先で企業型確定拠出年金が導入されてます。
で気になるのは、みんなどんな運用商品を選んでいるのか?
利回りの分布はどうなっているのか?
企業型に絞ってちょっと調べてみたので書いてみたいと思います。

お金は企業が出すけど、減らすも増やすも自分次第

まずは、企業型確定拠出年金ってなによって話ですね。

企業型のポイント
お金は企業が用意するよ!
運用商品も厳選したのを用意したよ!君たちはこの中から、選ぶだけ!
もしかしたら、従来の退職金より多くもらえるかもしれないよ?
「お金を増やすも減らすも君たち次第!さぁ運用を始めてみよう!」
的なやつですね。強制的にお金の運用が始まるところ、暴落が来ようがたんたんと積立が出来るところは、良い所かなと思ってます。

そもそも確定拠出年金はなんで始まったのか?

上であげた「企業型確定拠出年金のポイント」ですが、嘘はないですけど一面でしかないのかな?とヒネクレタ私は思っちゃうんですよね。

企業側の本音

ごめん。この低金利の時代に、約束してた利回りは用意できないや。
かといって、積立金不足を解消するために、巨額の補填もしたくないな。
そうだ!従業員に運用のリスクを負ってもらおう。
会社潰れたら困るでしょ?
もしかしたら、退職金増えるかもね。ハハハハhh

企業の想定している想定利回りは2~2.5%

で、だいたいどれくらいの利回りがあれば、従来の退職金と同じ額がもらえるのかというと、だいたい2%~2.5%らしいですよ。

 

出展:2017(平成29)年度決算確定拠出年金実態調査結果(概要).pdf

定期預金の利回りが0.01%を切る時代に、投資初心者に長期で2%の利回りを求めるってなかなかハードル高いよね(;一_一)

運用利回り分布

企業年金連合会のデータを見てみる

では、どれくらいの利回りが実現できているのでしょうか!?
ということで結果どーん!!


出展:2017(平成29)年度決算確定拠出年金実態調査結果(概要).pdf

本屋さん
平均のマジックきた!!

出展:2017(平成29)年度決算確定拠出年金実態調査結果(概要).pdf

母数が違うので、少し数値が変わりそうですが、加入者の4割以上が元本確保型のみ(=定期預金)を選択していることからも、平均のマジックは起きていそうです。

本当に元本割れって言葉にアレルギーがある人が多いようです。

私の加入している確定拠出年金の委託先機関データ

ここまでは、企業年金連合会からの資料を引用しましたが、次は私の確定拠出年金のマイページから見れるデータを使って企業年金連合会データにフォーマットに合わせて加工してみました。
データは、委託先の機関全体の数字ですので、信憑性はあります。


2019年3月末現在本屋さん確定拠出年金より作成

注意事項
・加入期間が短い若手社員のデータも入ってる
・企業年金連合会のデータより1年新しい
・確定拠出年金に移行したばかり加入者のデータも入ってる

何点か留意しなければいけないデータもありますが、企業年金連合会のデータより深刻ですね。笑
加入者の半分以上が元本確保型もしくはそれに準ずる商品しか選択していないことがわかります。
そして、2%以上の利回りを確保できている人は4割に満たないという結果になりました。アベノミクスどこいった!?

では解決策は?

①企業の投資教育が努力義務⇒義務化になる。
企業の負担は増えますが、継続的な投資教育が義務化されれば少しは変わるのかなと思います。

②デフォルトの拠出割合をリスク資産にする
現在は、加入時に配分指定しないとデフォルトで元本確保型を指定するようになっています。これをせめてGPIFと同じポートフォリオにすれば少しは改善されるんではないでしょうか!?

この資金が株式市場に流れ込んでくるといいなあ。。。

本屋さんの運用成績

初回入金来約6%

拠出割合(毎月購入している商品の割合)

ポートフォリオ(現在の資産ポートフォリオ)

 

元々は日本株式もそれなりに保有していたのですが、2018年9月頃に外国株式と定期に振り分け、その後もダウが直近で高値圏にあることもから断続的に防御力高めのポートフォリオに変更して、今の形になりました。
また、日本以外で運用することを目的にリスク資産の大半は、外国株式を選択してます(というか外国株式で運用しようとすると1つしか選択肢がない!!( ゚д゚)、ペッ)

ちなみに外国株式の商品はアメリカ株を中心とした先進国株式を中心に運用されているファンドです。指数連動を目指してるらしいですよ。

信託報酬がバカ高くないところがせめてもの救いか。

まとめ

実は、新入社員が入社してお金が絡む初めての意思決定ってこの確定拠出年金の配分指定書なのでは?と思ってます。
だけど、企業ってあんまり詳しく教えてくれないんですよね。
ちなみに、企業担当者である私はもっと生々しいデータ(年代別データとかとか、、、)も持ってますが、上手く活用できてません。(新入社員のみんなごめんなさい!)
なので、ブログで少しでも反抗してみました。

当時の私はここまでたどり着けず、特に考えもなく配分指定書を書いてしまいました。今は自分なりに考えて拠出してますが、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

グラフがかっこ悪いので、気が向いたら編集します。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)