Ubicomホールディングス(3937)について調べてみた。

オフショア開発(フィリピン)により、3A「ソフトウエアテストあるいは製造ラインの検査工程の自動化(Automation)」「ビックデータと分析(Analytics)」「人工知能(AI)」を注力分野としてITソリューションを提供するグローバル事業ととレセプト点検専用ソフトウェアの開発及び医療データ分析を行うメディカル事業を展開しています。
2019年3月期で16%の経常利益率を約2年後に20%にしようと計画しています。

ubicomの売上および各種指標

売上


売上は順調に伸びています。
利益率も上昇していて良い感じ。

キャッシュフロー


良い感じに営業CFが増えてます。

各種指標

時価総額は177億と小型ながら、PERが40%あります。
利益成長は著しいものがありますし、グローバル事業で売上高が順調に増えてますので、割安とはいえないまでもどこかのタイミングで投資は検討してよさそうに思えます。

Ubicomのビジネスモデル

グローバル事業

金融、医療、自動車、製造、コンサル等の幅広い市場へオフショア拠点(フィリピン)を活用して、ソフトウェア開発を行っています。おそらくフロービジネスかと思います。会社資料をみるとサブスク化を図ってるって言ってますが、指標も公開されてませんし、バランスシートにもそういう課目出てこないし、実際のところはどうなんでしょうか。

AIとかRPAといわれる分野で様々な分野に横展開しています。

フィリピン人材の育成では、社内で育成システムが確立されています。約5カ月の研修の中で、日本語検定4級と何かしらの資格を取得させるようです。また、新卒採用をメインに進め、直近では中途採用にも力を入れ始めているようです。

メディカル事業

レセプト(医療報酬の明細書)点検用ソフトなどの医療機関の収益改善、業務改善に必要となるシステムの開発、販売を行っています。ストックビジネス的要素が強いと思います。

具体的には、蓄積した過去のデータからレセプトに間違いがないか、書式に不備がないかAIでチェックしているようです。これにより、医師の判断に頼らなくても事務員が取りこぼしなく医療費の請求ができるようになり、結果的に医師が診療行為に集中できる環境をつくることが出来ます。

同社はこの分野のリーディングカンパニーであり、最近はクラウド型のサービスを導入するなど、利益率の改善が大きく進んでいます。
ただし、売上はそこまで伸び率がよくはありませんので、中小型の病院施設への導入がどこまで進むかがカギになりそうです。

成長戦略

グローバル事業

具体的にこれ!っていう案件はあんまり出ていないんですよね。ただ、これまで培った技術を横展開しているようです。コンサル向けにAIを活用したチャットボットの導入などを進めているようです。
基本的には人的リソースをどれだけ使わずに、顧客の業務改善を進められるかという視点でソリューション開発を進めている?

メディカル事業

これまで収集したビックデータを生保領域に販売していこうとしているようです。どういうふうに活用していくかはよくわかりませんが、新しい保険でもつくるんでしょうか?
診療履歴によって保険料が安くなるとか!?

新規事業

【WIN WIN インベストメントモデル】自社内で開発を進めるのではなく、新しい事業を協業して育成しています。ま、簡単にいえばオープンイノベーションを推進してますってことですね。
昨年も何件かそういったIRが出ていました。

経営成績

先日、第1四半期の決算発表がありました。利益成長はまだまだ続いていそうです。

高単価の案件を取り込めるようになったからか、ここ2年間、第1四半期は利益率10%程でだったグローバル事業で初めて利益率が20%を超えました。また、メディカル事業でも40%を超えました。

前受金が増えている

グローバル事業だと思われますが前受金が7億を超えてきてます。受注が好調に推移しているというのは本当なんでしょう。
ただし、想定より開発が長引くと一気に利益がとれなくなるので注意が必要です。
案件がどれくらいのスパンで回っているのかわかりませんが、推移は見守っていきたいと思います。

子会社でIFRSを適用している

今期より、子会社でIFRSを採用している関係で影響が少し出ています。
具体的にはリースを資産計上しなくてはいけなくなり、バランスシートが1億円ほど増えています。
また、費用の一部が支払利息で営業外損失となったため、営業利益が高めに出るようです。
また、営業キャッシュフローには+、財務キャッシュフローには-に働くようです。ただし、そこまで規模が大きくないので無視してよさそう?

まとめ

基本的になにかコレ!といったサービスが出てくると一気に化けそうな感じがします。決算説明の動画を拝見すると、チャットボットが良い感じだそう少し楽しみです。

今期は、投資をさらに加速(人材登用がメインとのこと)させるそうなので、業績にどのようなインパクトが出てくるか?また、どのようなIRが出てくるか楽しみにしながら監視を続けようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です