【7月パフォーマンス対決】本屋さん vs かいとん

7月パフォーマンス対決

基準は総資産額です

2019年1月の総資産を100とした時の総資産の変化をグラフにしてます。
入出金があっても計上されます。
修正ディーツ法でやろうと思ったけどめんどくさいので割愛。
グラフはドラックすればスクロールできるよ!!

7月31日時点では、本屋さんが優勢

7月は、本屋さんが逆転しました!
というよりかいとんの失速が激しいですね。

本屋さん:銘柄別貢献具合

貢献している銘柄

Fringe81、ハウスドゥ、クレオ

先月、どうするか悩んでると言っていたFringe81ですが、結局動かないまま高値圏に来てます。下手くそ!!
クレオは第1四半期がよかったので来月も貢献してくれるはず。

足を引っ張っている銘柄

ユーザベース、アイリック

ユーザベースは優待新設のIRが出ないですね。
アメリカどうなってるのか気になる。

かいとん:銘柄別貢献具合

貢献している銘柄

ハウスドゥ、アイリック、毎日コムネット、JFEシステムズ、セブンアンドワイ(空売り)、山崎パン(空売り)

好みが分かるような分からないような(笑)

足を引っ張っている銘柄

IDHD、アイリック、オロ、ユーザベース、

空売りが焼かれた7月でしたー。決算日はよく確認しようと思います。 マイナスにはなっていませんが持ち株がほとんど下落しており含み益が減少してます。 それを補おうとして無駄な取引連発してるので気をつけたいです。

総括

本屋との差が着いてしまったので、頑張って挽回したいですが、銘柄真似されたんでこれは無理かも(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)